top of page

第108回中国語検定3級 長文【4】の日本語訳

说起武汉大学,人们会想到樱花。在武汉大学的校园里有一樱花大道,全长六百多米,两侧种植着一千多棵樱花树。每年3月中旬到4月上旬,武汉大学举办樱花节,校园对外开 放,都会有百万游客到校园来观赏樱花。

武汉大学的樱花中日两国的近代历史有密切关系。1939年,日本人在校园里种了三十棵樱花树,这是武汉大学樱花的最初由来。1972年中日邦交正常化时,作为日中世代友好的象征,田中角荣首相向中国赠送了一千棵樱花树。因为当时的国务院总理周恩来曾经在武汉大学居住过,知道校园里有樱花树,于是决定把一千颗樱花树的一部分送给了武汉大学。现在武汉大学校园里的一千多棵樱花树,除了日本友好人士赠送的以外,还有不少是大学的园林工匠自己培育的。

花只有几天的花期,瞬息之间花开又花落。由此,有的人联想到生命的短暂,感悟出人生的悲壮和凄凉;有的人看到盛开的樱花,就好像进入到桃花源的世界里一样,感受到生活的快乐和浪漫。


武漢大学と聞くと、人々は桜の花を思い出すことだろう。武漢大学のキャンパスには大きな桜並木がある。全長600メートルあまり、道の両側には1000本以上の桜が植えられている。毎年3月中旬から4月の上旬に武漢大学では桜祭りを開催する。キャンパスは広く解放され、毎年多くの人々が桜の花を楽しみにここを訪れる。

武漢大学の桜は日中両国の近代の歴史と密接な関係を持つ。1939年、日本人がキャンパスに30本の桜を植えた。これが武漢大学の最初の桜である。1972年の日中国交正常化の際、日中両国の長く続く友好の象徴として、田中角栄首相が中国に1000本の桜を贈った。当時の国務院総理の周恩来がかつて武漢大学内に住んでいたことがあり、キャンパス内に桜の木があったことを知っていたことから、その1000本の桜の一部を武漢大学に贈ることにした。現在武漢大学の校内には1000本以上の桜がある。日本の友好人士が贈った桜以外にもたくさんの桜があるが、その多くは造園職人たちが自ら栽培した桜である。

桜の花が見られるのはほんの数日である。開花したかと思えばあっという間に散っていく。このため、桜の花を見て生命の短さを想起し、人生の悲しさ、寂しさを悟るという人がいる一方、満開の桜を見て、桃源郷に迷い込んだように感じ、生活の喜びやロマンを感じる人もいるのである。


※こちらの翻訳は弊社独自のものであり、中国語検定協会とは何ら関係はございません。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第105回中国語検定 3級筆記【4】長文 日本語訳

※以下の和訳は、あくまで当社の見解であり、日本中国語検定協会とは一切関係ありません 说起“罗森”,大家都会想到便利店,很少有人知道近代史上有一个叫罗森的中国人, 他直接参与 1854 年的《日美和亲条约》谈判,见证了“日本开国”,在日中文化交流史上留下了 一段佳话。 罗森是广东人,出生于书香世家。他既精通古典,又擅长书法,还会说英语。 他在香港当老师,长期教外国人学汉语。 1853 年,佩里率美国

Comments


bottom of page