top of page

【春フェス】第三弾_登壇者のご紹介


春フェスにご登壇くださる先生の紹介も、 早くも第三弾までやってきました。 お申込みも続々といただいており、 春フェスへの熱も高まってきています。 引き続き私たちと”フェス前夜祭”を楽しんでくださいね♪

先生のご紹介第三弾は、 中国大衆文化ならお任せ、望月先生です!



【プロフィール】 ・グラフィックデザイナー、中国語サポートなど ・東京都出身



グラフィックデザインの仕事の傍ら、趣味で始めた中国語の勉強をきっかけに

中国で専門人材として勤務。 帰国後はそうした経験を活かして中国語学習者のサポートもされています。

「好き」を原動力にした熱意は 実際に望月を中国勤務へ導いたように、 人生の成長や学びにおいて大切な感情の1つです。 春フェス当日は、望月先生の好きなものへの探究心も 感じていただければと思います。

そんな望月先生には、 中国の大衆演芸である「相声」についてお話をしていただきます。 日本でいうところの漫才や落語にあたる「相声」は、 日本同様に時代の波にのまれ存続の危機にあります。 中国文化遺産である「相声」についてのお話と、 その普及に務める郭徳鋼が率いる《徳雲社》のお話は必聴です!

先生からのコメント 「“相声”の4大要素は“説(話芸)・学(模倣)・逗(お笑い)・唱(音曲)”。 短い時間ながら、いくつかを実際の映像と共にご紹介します。 日本の演芸と比較しながら楽しんで頂ければと思います。」

中国で約200年ほどの歴史がある「相声」 楽しみながら一緒に学んでいきましょうね!



気になるフェスの詳細はこちら 日時  :2023年3月5日        12時40分~18時15分(予定) 場所  :オンライン(zoom)にて開催 参加費 :2,200円

閲覧数:17回

Comments


bottom of page