top of page
  • masumi.h

【易経の学びメモ2】~なぜ王様は自分のことを寡人(guǎ rén/ かじん)というのか?

更新日:2022年10月15日

【易経の学びメモ2】

~なぜ王様は自分のことを寡人(guǎ rén/かじん)というのか?


今朝も、易経の学びを30分しました。

短い時間ですが、得るものは大きいと感じています。


易経の基本的な考え方は万物は常に変化している、ということです。

季節に春夏秋冬があるように、一人一人の人間にも春夏秋冬があります。

そして、今の中国人にも浸透している考えの一つは 「物極必反」ということ。

日本語では「陰極まれば、陽に転ず」と言った方が 分かりやすいかもしれません。


成功の極みの時が最も危ない。

なぜなら、次は転落するしかないからです。


なので、中国人は「最高」を避け、 「我要跟好(もっとよくなりたい)」と いう表現をするそうです。


さて、テレビドラマや映画で、昔の皇帝が自分のことを「寡人(guǎ rén)」と言っていますね。


「徳が足りない人、という意味です。」


実際の皇帝は、後宮に数えきれないほどの美女を召し抱え、国の土地と人民とすべての財産を支配しているわけですから、「足りない」ことなどないのです。

でも、「最高」の状態だといってしまうと、転落するのを恐れて、「まだまだ足りない状態の人」と言っているそうです。


現代中国語では、幼稚園児から国家主席まで、 第一人称は「我」のみですが、古代は 日本語と同じように、たくさんの第一人称がありました。


現代中国人もなぜ、皇帝が自分のことを「寡人(guǎ rén)」というのか知らないそうです。


私の中国人の先生が、老子の道徳経の解説をしている台湾人の先生のお話しでつい数日前に知った、と教えてくれました。私も長年の謎が氷解し、なんだかスッキリ嬉しい朝です。

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

【易経の学びメモ〜25】~蒙卦の第一爻 その2

【易経の学びメモ〜25】~蒙卦の第一爻 その2 蒙卦の第一爻は、子供に罰を与えて、悟らせることも同じ間違いを繰り返さないために必要だ、と説くこともできます。 「适时惩戒,使其走上正道。这样长大后就会遵纪守法,摆脱牢狱之灾。 否则,若是任其发展,日后会铸成大错而后悔不及。」(蒙卦の第一爻の解説より) 時に応じて罰を与え、正しい道に誘導する。 こうすれば、大人になったら、決まりを守るようになり、牢獄に

【易経の学びメモ〜24】~蒙卦の第一爻 「悪いお手本も善人の学び」

【易経の学びメモ〜24】~蒙卦の第一爻 「悪いお手本も善人の学び」 老子、孔子の思想も元を正せば易経に繋がります。 不善人者 善人之资《老子》 悪いお手本も善人の学びになる。 これは、老子の言葉ですが、蒙卦の第一爻の伝えていることでもあります。 違反行為をして、刑罰を受けている人の行く末を見ることで、犯罪をしてはいけない、と心に固く誓うことが出来るというものです。 昨日、ちょうど子供たちに麻薬に手

Comments


bottom of page