【子曰:五十以学易,无大过矣】

更新日:10月15日

今朝は中国人の先生と古典学習の重要性について話していました。

孔子の『論語』や老子の『道徳経』を学ぶにおいて、易経の教えが基礎として 大切だということでした。

かの孔子も50歳になって初めて『易経』を読み 「五十以学易,无大过矣」ともらしたそうです。

「易経を50になった今でなく、若いうちに知っていれば、人生大きな過ちをしなくてすんだのになぁ」という意味です。

宇宙の根源的な真理を解く、老荘思想の根底にもあるとのことで、 明日から、原文で『易経』を読むことになりました。

理解できるかどうかドキドキですが、 『易経』の根本思想の一つは、万物は常に変化していて、機を見て動くことがいかに 大切かということもあるので、この不透明な時代を生き抜くのに何かヒントを得られると 良いなと思っています。

「四書」とは『論語』『大学』『中庸』『孟子』の四つの書物です。

「五経」とは『易経』『詩経』『書経』『礼記』『春秋』の五つを指します。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

唐の時代、科挙に合格し、役人になったものの、中央でうまく立ち回れず、役人を辞めて隠遁した常建という詩人がいます。 実際に辺境に赴いたことはないものの、空想で,壮絶な防人の歌を詠みました。 塞下曲 常建 北海阴风动地来 明君祠上望龙堆 堵漏竟是长城卒 日暮沙场飞作灰 砂漠の湖から立ち上る陰気を含んだ風が、大地を削るように吹き渡る。 匈奴に嫁がされた 悲劇のヒロイン、王昭君の墓から 龍体のような砂漠を