top of page
  • masumi.h

「人生に迷ったら 老子」田口佳史著 致知出版社

更新日:2022年10月16日

10MTVオピニオンというアプリで田口佳史先生の分かりやすい講義を聞いてこの「人生に迷ったら 老子」を手に入れました。


P190 私は中国古典、更に日本に伝統的に存在している東洋思想である、「儒家、仏家、道家、禅、神道」を専攻しています。

その領域の思想、哲学は素晴らしいものです。

よくぞこれだけの思想哲学が五つも日本に蓄積していることか。

これぞ日本の「知的財産」です。

活用が待たれています。


本当に、日本は中国から文字や文化だけでなくこんな深い思想哲学までも貰ってきたことがよくわかる一冊です。



閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

「塞下の曲」 常建

唐の時代、科挙に合格し、役人になったものの、中央でうまく立ち回れず、役人を辞めて隠遁した常建という詩人がいます。 実際に辺境に赴いたことはないものの、空想で,壮絶な防人の歌を詠みました。 塞下曲 常建 北海阴风动地来 明君祠上望龙堆 堵漏竟是长城卒 日暮沙场飞作灰 砂漠の湖から立ち上る陰気を含んだ風が、大地を削るように吹き渡る。 匈奴に嫁がされた 悲劇のヒロイン、王昭君の墓から 龍体のような砂漠を

Comments


bottom of page